yamada_chihoko

「おもてなし力」を上げ、できる社員を育成
業績アップに直結させる研修講師

プロフィール

株式会社レインボーコミュニケーション 代表取締役
岡崎女子短期大学・愛知学泉短期大学 非常勤講師

年間230日以上の研修・講演を実施続けている人気講師。

過去10年間で受講者数1万人以上、研修実施企業の業績アップに貢献している。この活動全般を自ら「おもてなし道」と名づけ、凛として品のある社員育成を得意としている。
講師としてのバックボーンに自らが実践した「おもてなし力」がある。

短大卒業後わずか1年で安田火災海上保険株式会社(現 損保ジャパン)支店長秘書となる。女性職員の活性化等独自の取り組みが優秀一般職員として表彰されるほか、社長賞に該当するNCPⅡ賞を受賞した経験を持つ。

母の実家は、豊橋市の浄土宗 太蓮寺ということで、幼い頃より仏の教え、人への接し方を自然と学んできた。家訓は「和顔愛語」。

秘書時代の経験と、コミュニケーション心理学ともいわれる交流分析やNLP(神経言語プログラミング)等、心理学をベースにした知識と、行動分析ツールDiSC 等、古今東西の最先端Howtoを学習し、自らのスキルに磨きをかけている。これらのスキルをもとにした新入社員研修や、秘書・受付接遇などビジネスマナー研修では、「感動を与える」をモットーに、きめ細やかな指導で定評があり、発注者から期待を超えるサービスだとの評価を得ることが多い。

一般企業に留まらず、医療・介護分野での接遇・患者満足度研修も得意としている。

自身の家族の入院・手術・後遺症による介護経験から、講師としてのみならず、患者サイドの視点からの説得力ある研修を実施している。岐阜大学医学部・愛知医科大学にて模擬患者としてOSCE※にも協力。医療分野への貢献を図っている。
※OSCE(Objective Structured Clinical Examination : 客観的臨床能力試験 通称オスキー)

これらの実績を評価され、大学の非常勤講師、エクステンションセンターの講師も行っている。受け持っている生徒が受講する秘書検定の合格率は、全国平均46%のところ、84%(2010年11月)を達成している。また、秘書検定、サービス接遇検定の準1級実施担当者でもある。

マナー&コミュニケーション講師を軸に、人財育成コンサルティング、キャリアカウンセラー、催眠療法士として幅広く活動中。

趣味は歌舞伎、ミュージカル鑑賞。
2005年にはゴスペルチームで愛・地球博にも出演。

Facebook

保持資格

  • 日本コンサルタント協会認定 パートナービジネスコンサルタント
  • 米国CCE,Inc 認定 GCDF-Japan キャリア・カウンセラー(厚生労働省認定)
  • 米国NLP(TM)協会認定 NLP(TM)マスタープラクテショナー
  • 日本交流分析協会認定 交流分析士インストラクター
  • 秘書検定1級
  • サービス接遇検定1級
  • (秘書サービス接遇学会会員、日本秘書協会会員、日本秘書クラブ東海会員)

  • 個人情報保護法スペシャリスト
  • 催眠療法士 (中部カウンセリング協会会員)資格取得

主な著作

マンガで学ぶ新人マナー「なんで挨拶しなきゃいけないの?」
マナーの「ナンデ?」がわかる本

(あさ出版 2009年4月16日)

会社の上司や先輩から注意されても、
「ナ・ン・デ悪いのかよくわからない!」
「もっとわかるように教えてくれればいいのに―。」
「研修で一生懸命勉強したのに、実際は習っていないことばかり起きる。これじゃ、どうしていいかわからないよ…。」
実際の社会生活には「ナンデ?」がいっぱい。
日々出会う「ナンデ?」「どうして?」を一緒に学んでいきましょう。

過去略歴

愛知県瀬戸市在住、南山短期大学人間関係科卒業。
1984年 安田火災海上保険株式会社(現 損保ジャパン)に入社、1年後支店長秘書となる。秘書実務および社員教育、代理店社員教育、キャンペーン企画運営等実施。
2000年 人材派遣会社 ピープルスタッフ株式会社にて研修講師登録、派遣スタッフならびに企業の人材育成の研修を企画実施。又、数多くの講師育成にも携わる。
2007年3月、株式会社レインボーコミュニケーションを設立、代表取締役就任。
人財育成コンサルティング、研修企画実施。
2008年4月より、岡崎女子短期大学非常勤講師となる。
2010年4月より、愛知学泉短期大学非常勤講師となる。